【図解】MNPで楽天モバイルからpovo2.0に乗り換えてみました

MNPで楽天モバイルからpovo2.0に乗り換えてみました🔌家電・IT

楽天モバイルでは、データ利用量が1GB以下であれば、0円で維持できていましたが、2022年7月から月額1,078円(月に3GB以下)になりました。
サブ回線や子ども用の回線として楽天モバイルを使用している人は、基本料金0円のpovo2.0に乗り換えようと考えている人も多いと思います。
今回は、MNPで楽天モバイルからpovo2.0に乗り換えてみましたので、楽天モバイルのMNPの手続きからpovo2.0の契約までの流れを図を用いてわかりやすく解説しています。

スポンサーリンク

MNPで楽天モバイルからpovo2.0に乗り換える時の注意点

MNPで楽天モバイルからpovo2.0に乗り換える時の注意点には、いくつかあります。
これらの注意点がクリアできていれば、乗り換えをお勧めします。

対応している機種でなければ、使えません

povo2.0で使用する予定のスマホがpovoに対応しているかどうかを確認してください。
povoの公式ホームページの対応機種(動作確認端末)で確認することができます。
eSIM(スマホにあらかじめ埋め込まれた本体一体型のSIM)で使いたい場合には、eSIMに対応しているかどうかもチェックしてください。

SIMロックがかかっていると使えません

SIMロックがかかっている(特定の携帯電話会社以外の回線では利用できないように設定されている)場合には、SIMロックを解除してください。
SIMロックを解除したい場合は、購入した携帯電話会社で対応してもらえます。
楽天モバイルで購入したスマホは、SIMロック解除されたSIMフリー端末ですので、SIMロックを解除する必要はありません。

通話料は別途必要です

楽天モバイルでは、Rakuten Linkアプリを使用すれば、一般的な電話番号宛の通話料は無料ですが、povo2.0では、22円/30秒の料金がかかります。
そのため、電話を頻繁にかける人は、楽天モバイルのほうが月額の電話料金が安く済む場合があります。

180日以内に有料オプションの追加等が必要です

povo2.0を0円0GBで継続するには、180日以内に有料オプションの追加等が必要になります。
有料オプションには、
・「24時間データ使い放題」などのデータトッピング
・「smash.(ドラマ・バラエティ・K-POPなど“プロが作る” 縦型ショート映像)24時間使い放題パック」などのコンテンツトッピング
・「5分以内通話かけ放題」などの通話トッピング
があります(https://povo.jp/spec/topping/list/)。

180日以内の通話料とSMS送信料の合計額が660円を超えている場合には、上記の有料オプションは必要ありません。

0円0GB時の通信速度は、128kbpsで遅いです

データトッピングを購入しないと通信速度は、128kbpsと非常に遅いため、ブラウザの表示にもかなり時間がかかります。
LINEやメールでテキストメッセージ(文字だけのメッセージ)を送受信するのは、特に問題ありません。
LINEでの通話は、快適には使えませんが、何とか使えるレベルです。
ビデオ通話はできないと思った方がいいです。

「my楽天モバイル」アプリからMNPによる乗り換えの手続き

楽天モバイルのMNP手続き
楽天モバイルのMNP手続き

「My楽天モバイルアプリ」からMNP(Mobile Number Portability)による乗り換えを行うための手続きは、以下の通りです。

My楽天アプリの「契約プラン」から「その他のお手続き」に進み、「他者へのお乗り換え(NMP)」を選択します。

楽天モバイルのMNP予約番号の取得
楽天モバイルのMNP予約番号の取得

アンケートに答え、MNP予約番号を発行すると、MNP予約番号と有効期限と電話番号が表示されます。
有効期限は2週間後と表示されますが、povo2.0への乗り換えにはMNP予約番号の取得後2日以内に申し込む必要があります。

povo2.0アプリからpovo2.0の利用申し込み

povo2.0の利用を申し込む時には、本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、在留カードのうち、いずれかひとつ)、クレジットカードが必要になりますので、準備します。

povoアカウントの登録

povoアカウント登録
povo2.0のアプリでアカウントを登録

まず、スマホにpovo2.0のアプリをダウンロードする必要があります(パソコンでは申し込みができません)。
「povo2.0を申し込む」をタップして、「ゼロから始まるオールトッピング」の説明文を読んで、「次へ」とタップした後に、アカウントを登録します。
登録するメールアドレス(キャリアメール以外)を入力して、「次へ」をタップすると、登録したメールアドレスに6桁の認証コードが送られてきます。

申込内容(SIMタイプ、契約タイプ)の選択

申込内容(SIMタイプ、契約タイプ)の選択

認証コードの入力画面にメールで送られてきた認証コードを入力し、「次へ」をタップします。
SIMタイプの選択:一般的な「SIMカード」か「eSIM」のどちらかを選択し、「次へ」をタップします(ここではeSIMを選択した例を示します)。
契約タイプの選択:MNPで契約するため、「電話番号を引き継いで契約」を選択し、「次へ」をタップします。

申込内容の確認

申込内容の確認
申込内容の確認

申込内容を確認して、「この内容で申し込む」をタップします。
重要事項説明等の項目に同意のチェックをして、「この内容で申し込む」をタップします。
キャンペーン・紹介コード・エントリーコードがあれば、コードを入力し、なければ、そのまま「この内容で申し込む」をタップします。
クレジットカードの情報を入力します。

開通までのステップの確認

開通までのステップ
開通までのステップ

これからの開通までのステップが表示されます。

  1. 本人確認①(書類登録):本人確認書類の撮影
  2. 本人確認②(詳細情報入力):本人情報の入力
  3. eSIMの設定:(本人確認手続き完了後に)eSIMの発行と有効化

本人確認①(書類登録)

eKYC(スマホやパソコンで、本人確認をオンラインで行う仕組み)で本人確認登録を行います、
指示に従って本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、在留カード)をスマホで撮影します。
次に、指示に従って自分の顔をスマホのカメラで撮影します。

本人確認②(詳細情報入力)

本人確認情報の入力
本人確認情報の入力

指示に従って、契約者の名義などの情報およびMNP予約番号を入力すると、本人確認が始まります。

本人確認手続き完了メール

本人確認手続き完了メール
本人確認手続き完了メール

本人確認の手続きが完了するとメールが送られてきます。

povo2.0アプリから利用開始(SIMの有効化)

povo2.0アプリから利用開始(SIMの有効化)を行います。

eSIMの有効化の方法

eSIMの有効化方法~Android篇~(公式YouTube)

eSIMの有効化の方法については、公式YouTubeでわかりやすく説明していますので、公式ホームページの説明と合わせてごらんください。
「eSIMの有効化方法~iPhone篇~」(https://www.youtube.com/watch?v=1sy6V_iCj_k)もYouTubeで公開されていますので、iPhoneの方はそちらをご参照ください。

1. eSIMの有効化(回線の切り替え)を実施
2. eSIMの設定
3. 通信利用設定(※1)を実施
4. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかける(※2)
5. 開通手続き完了
※1:端末によって、APN設定やOSアップデートが必要です(一部の機種では自動設定されます)。
※2:iPadの場合は不要です。
※インストールが完了するとご利用いただけます。ただし、APN設定が必要になる場合もあります。
※設定にはWi-Fi環境が必要です。
※povoを利用するスマートフォン以外の端末(PC、タブレットでもOK)が必要です。
※20時から9時30分にお手続きをされた場合は、9時30分以降に順次ご利用いただけるようになります。

https://povo.jp/procedure/other/?gid=povo-top-60002

SIMカードの有効化の方法

SIMカードの有効化方法~iPhone篇~(公式YouTube)

SIMカードの有効化の方法についても、公式YouTubeでわかりやすく説明していますので、公式ホームページの説明と合わせてごらんください。

1. 契約後、郵送にてSIMカードを受け取り
2. SIMカードの有効化(回線の切り替え)を実施
3. SIMカードを端末に差し込む
4. 通信利用設定(※1)を実施
5. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかける(※2)
6. 開通手続き完了
※1:端末によって、APN設定やOSアップデートが必要です(一部の機種では自動設定されます)。
※2:iPadの場合は不要です。

https://povo.jp/procedure/other/?gid=povo-top-60002

APNの設定

Androidの一部のスマホでは、APN(Access Point Name:アクセスポイント名)を手動で設定する必要があります。
上記のSIMの有効化はできて、電話は使えるけど、インターネットが使えない場合には、APNを下記のように手動で設定してください(スマホの機種によって項目名が異なります)。

  • 「設定」をタップ
  • 「ネットワークとインターネット」をタップ
  • 「モバイルネットワーク」をタップ
  • 「詳細設定」をタップ
  • 「アクセスポイント名」をタップ
  • 「新しいAPN」または「+」を選択

新しいAPNは、以下のように入力します。

  • 名前      povo2.0
  • APN名     povo.jp
  • ユーザー名   入力不要
  • パスワード   入力不要
  • 認証タイプ   入力不要
  • APNプロトコル IPv4 / IPv6を選択
  • APNタイプ   入力不要

「入力データに誤りかまたは不足しています」と表示が出る場合やテザリングができない場合は、公式ホームページに対処法が記載されています。

まとめ

楽天モバイルのMNPの手続きからpovo2.0の契約までの流れを図を用いてわかりやすく解説しました。

  • MNPで楽天モバイルからpovo2.0に乗り換える時の注意点
  • 「my楽天モバイル」アプリからMNPによる乗り換えの手続き
  • povo2.0アプリからpovo2.0の利用申し込み
  • povo2.0アプリからpovo2.0の利用開始(SIMの有効化)

MNPで楽天モバイルからpovo2.0に乗り換える方々のお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました