WordPressを用いたブログの始め方(準備編)【独自ドメインとレンタルサーバーの選び方】

WordPressの始め方(準備編)📱 情報発信

私の周りにWordPressを用いたブログを始めていた人がいなかったため、いざ始めようとした時に「これから、どうしたらいいの?」と疑問に思うことが多く、必要な情報をGoogleで検索しながら、なんとか始めることができました。
そこで、はじめての人でも、これを見れば簡単にWordPressを用いたブログを始めることができるように、本当に必要な情報をまとめました。
準備編では、独自ドメインとレンタルサーバーについて解説します。

ますは独自ドメインを決めましょう!

WordPressを用いたブログを始める時には、独自ドメインを取得するようにしてください。
ここでは、独自ドメインのおすすめやドメイン名の決め方について解説します。

独自ドメインとは?

独自ドメインとは、インターネット上の住所のようなものです。
Yahoo! JAPANのURLは「https://www.yahoo.co.jp/」、価格.comのURLは「https://kakaku.com/」ですが、それぞれの独自ドメインは「yahoo.co.jp」と「kakaku.com」の部分になります。
このドメイン名を決めることは、ブログを始める前の重要なステップになります。

独自ドメインのおすすめ

上記の独自ドメインの「.」で区切られた右側の「.co.jp」は日本で登記している企業しか使えませんが、「.com」はだれでも使えます。
特にこだわりがないようであれば、「.com」がおすすめです。
ドメインの「.」で区切られた左側は、自分で好きな文字列を使うことができます。
数字やハイフンも使えますが、ブログのタイトルや自分のプロフィールに関連するアルファベットのみを使って、短くて覚えやすい文字列がおすすめです。
ただし、ブログのタイトルをあとから変更する可能性があれば、ブログのタイトルをドメイン名にするのはやめておいたほうがいいです。

独自ドメインの決め方

すでに使われているドメイン名は使えませんので、まずは登録したいドメイン名が使われていないかを調べる必要があります。
ムームードメイン」や「お名前.com」などのドメイン取得サービス会社のホームページで、登録できるドメイン名を調べることができますので、調べてみましょう!

ちなみに私がブログを始める準備をしていた時は、ブログのタイトルに関連したドメイン名である「chiebank.com」は、すでに登録されていました。
プロフィールに関連したドメイン名である「kazudr.com」は、使われていませんでしたので、登録できました!

お名前.com」では最初の1年間は1円で登録できる場合がありますが、すぐに登録しないようにしてください。
次に解説するように、レンタルサーバーを契約する時に、無料で独自ドメインが取得できる場合があるので、先にレンタルサーバーを選ぶようにしましょう!

レンタルサーバーのおすすめ

WordPressを使ったブログを始めるには、サーバー(ブログサービスを提供するために使用するコンピューター)をレンタルしているレンタルサーバー会社と契約する必要があります。
レンタルサーバーを選ぶ時には、混雑する時間帯でも表示速度が速くて、安定性が高く、使いやすいものがおすすめです。
その中でコストパフォーマンスが高いものは、以下の3つです。

それぞれの表示速度や安定性や使いやすさは、それほど違いがないようですので、価格、無料ドメイン、リアルタイムのサポートおよび気になる点を中心に解説します。

ロリポップのハイスピードプラン

価格
ロリポップ!のハイスピードプランは、月額550円~(2021年11月21日現在)とコストパフォーマンスが一番高く、おすすめです。
また、残った容量を用いて、インターネット上に自分の写真や音声や動画などのデータを保管することもできます。

無料ドメイン
無料でドメインの取得もできます。
だだし、すでに取得しているドメインは、無料ドメインに登録できないので注意してください。

リアルタイムのサポート
電話でのサポートは、平日の10:00~18:00のみになりますが、チャットは平日だけでなく土日の9:30〜13:00 14:00〜17:30でも対応してもらえます(2021年11月21日現在)。

気になる点
ロリポップ!の自動バックアップと復元には、オプションで月額330円かかります。また、このオプション料金を支払っていなくても、11,000円を支払えばバックアップデータを復元することができます。
でも、プラグインを使って自分でバックアップして、自分のパソコンにもダウンロードしておけば、特に費用はかかりません。
ほかのレンタルサーバーでも自分のパソコンにもダウンロードしておいた方が安心です。

ConoHa WINGのWINGパックのベーシックプラン

価格
ConoHa WINGのWINGパックのベーシックプランは、月額740円~(2021年11月21日現在、キャンペーン期間中)と2番目にコストパフォーマンスが高いプランです。
キャンペーン期間中は、月額料金が安くなります。
さらに学生や教職員の人は、1割引き(ConoHa学割)で使用できます。

THE SONIC、JIN、SANGOの有料のテーマ(サイトのデザインテンプレート)が少し安く購入できますので、これらのテーマを購入したい人は、費用の総額を比べてみてください。
特に、キャンペーン情報を自動表示する「COPIA(コピア)」のプラグイン(WordPressに新たな機能を追加するツール)を使いたい人は、THE SONICとConoHa WINGのWINGパックのベーシックプランを契約する方がトータルの費用は安くなると思います。

無料ドメイン
無料ドメインは、2つ取得できますが、2つめの無料ドメインは、.online .space .websit .tech .site .fun .tokyo .shopの中からしか選べませんので、注意が必要です(2021年7月3日現在)。

リアルタイムのサポート
電話でのサポートは、平日の10:00~18:00のみのようですが、ホームページ上ではよくわかりませんでした(2021年7月3日現在)。

気になる点
運営を開始したのが2013年からと運営期間が比較的短い。

エックスサーバーのX10プラン

価格
エックスサーバーのスタンダード(旧X10)プランは、月額990円~(2021年11月21日現在)で使用できます。
キャンペーンで月額792円~で申し込める時もありました。
上の2つのレンタルサーバーの初期費用は無料ですが、エックスサーバーもキャンペーンを行っている時は無料です。

無料ドメイン
キャンペーン中は、無料でドメインの取得もできます。

リアルタイムのサポート
電話でのサポートは、平日の10:00~18:00のみになります(2021年11月21日現在)。

気になる点
無料テーマのCocoonでは、高速化のためのサーバーキャッシュをONにできません。
そのため、OFFのままで使用するか、サーバーキャッシュをONにできるテーマを使用する必要があります。

とりあえずWordPressを使ってみたい人向けのレンタルサーバー

WordPressやCocoonなどのテーマを自分で使いこなせるか不安な人も多いと思います。
そんな時には、無料でWordPressやCocoonなどのテーマが使える無料サーバーを試しに使ってみましょう!
とりあえずWordPressやCocoonなどのテーマを使ってみたい場合のおすすめ無料サーバーは、以下の2つです。

  • エックスフリーのWordPress専用プラン
  • スタードメイン無料サーバー

エックスフリーのWordPress専用プラン

上記のエックスサーバーが運営している無料サーバーなので、安心して使えます。
ただし、強制的に広告が表示され、サポートもありませんし、独自SSL(Secure Socket Layer;通信を暗号化して身元を保証すること)にも対応していません。
また、ディスク容量が2GBと少ないため、画像を多く使用する方や、サーバーにバックアップする方は、記事が多くなると容量が足りなくなる可能性がありますので注意が必要です。
自分でWordPressやCocoonなどのテーマが使えるかどうかを、練習するのにはちょうどいいと思います。
私もエックスフリーのWordPress専用プランを使ってWordPressとCocoonの使い方を練習しました。

スタードメイン無料サーバー

エックスフリーでは、独自ドメインも使用できますが、ドメイン取得サービス会社の「スタードメイン」で独自ドメインを契約すれば、スタードメイン無料サーバーが利用できます。
つまり、年額1,298円(月額 約109円)~の独自ドメインを契約すれば、無料でレンタルサーバーが使用できます。
強制的に広告が表示されることもなく、独自SSLにも対応しています。
ただし、ディスク容量が3GBと少なく、サポートもないようです。
独自ドメインを契約しておきたい方には、おすすめですが、将来的にロリポップのハイスピードプランに乗り換えることを考えている場合には、すでに契約したドメインの料金が無料にならないため、サーバーの料金とドメインの料金の両方を支払わないといけなくなりますので、注意が必要です。

まとめ

独自ドメインとレンタルサーバーの選び方について解説しました。

  • 独自ドメインには、「.com」がおすすめです
  • ドメイン名は、ブログのテーマや自分のプロフィールに関連するアルファベットのみを使って、短くて覚えやすい文字列を考えましょう
  • 独自ドメインが決まっても登録せずに、先にレンタルサーバーを選びましょう
  • コストパフォーマンスが一番高いレンタルサーバーは、ロリポップ!のハイスピードプランです

ロリポップ!エックスサーバーは、無料お試しができますので、まずはお試しで使ってみて、気に入ったレンタルサーバーを使ってみるのもいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました